はじめてのひとり旅

【ドイツ旅行2日目】新幹線、ケルン大聖堂、夜行列車…全部できた!

投稿日:2019年7月31日 更新日:

こんにちは!りつよです!

はじめてのひとり旅シリーズ、2日目からがいよいよ本番です。
ドッキドキ!だった、宿に到着するまでの1日目日記はこちら。

たっぷり寝る

前日が、そもそも寝不足からのスタートであり、かつ時差で1日が長かった(計算すると…プラス7時間くらい?)のもあって、11時間たっぷり寝ました😴
起きてもドイツでは10:00!ハッピ〜😊🎉
正直マダムの家では、ただ寝てシャワー浴びただけだったのですが、鍵のついた部屋で寝られたので、安心してぐっすり寝ることができました(これ大事)!

ホストのマダムは、英語が伝わらないみたいだったので、Google翻訳でお礼を翻訳して、頑張って伝えてみました!(発音間違ってたみたいで直された笑)

この日の予定は、以下のとおり。

  • 新幹線?でフランクフルトからケルンに行く
  • ケルン大聖堂を観る!
  • 近くに美術館があるらしいので、時間があればそれも観る
  • フランクフルトに戻る
  • 夜行列車に乗る!!!🚃

いざ出発です~!


フランクフルト中央駅は、こんな感じ。
天井が高くて開放的。

コインロッカーに荷物を預けるのも一苦労

どうせ夜フランクフルトに戻るのと、リュックを背負っているとザ・旅行客って感じがして、狙われるのが怖かったため、コインロッカーでリュックを預けることに。

言葉が分からないのは、とてもつらい。
けれど、お金が分からないのも、なかなか手こずる!!
コインロッカーの金額が、3.5€らしいが3.5€がどれなのか分からない
とりあえずお水を買って小銭を作ってみて、ロッカーに書いてある絵のコインを探す!

絵のとおりに入れてみたらなんとかなった🙌
駅は人が多くて、こわい。

前日、私がフランクフルトに到着した日、この駅のホームで、親子が線路に押されて、子供が亡くなったらしい
容疑者は捕まったみたいだけど、さらに、こわい。
ホームにたくさんの花とキャンドルが置かれていました。
改札ってありがたいんだなあ😞

ICE(新幹線)の切符が…買えない!?!

ICE(新幹線的なやつ)でケルンに行こうと、自動券売機で切符を買いました

赤いのが券売機。ICEという新幹線の切符を買える券売機。
前日「ネットでみた画面と違う!」と言っていたのはこの券売機。
近距離の地下鉄やらの券売機は、緑色の機械。赤は新幹線!

これも、事前にネットで買い方を調べていたけど、何かがおかしい!!!!!!!!!
なんか、運休か?遅延か?で、どうやらアラートが出ている
指定席も取れず…
結局、乗ろうと思っていた便より、2本遅い便に乗ることに決定した!!!!

なんとか購入したICEの切符。
切符はドイツ語表記なので、何号車のどの席なのかさえ、分からない…

英語の画面で購入したのですが、語学力乏しく。
多分、乗ろうとしていた便が運休で、その次の便は指定席埋まってしまった?ようでした。
のんびり旅なので、それで行こう〜!
ドイツ語はもってのほかだけど、英語も完全理解できないのは、なかなかつらいと実感😞
ここで完全理解できるのとできないのとでは、不安感が異なるなあと感じました。

2本後の便までは、駅のフードコートでお昼ごはんを食べながら待っていました🙌

フランクフルト中央駅のフードコート

ICEに乗れないかもしれない事件

ICEに乗って、1時間でケルンへ。
ICEが難しすぎた…😔
どうやら到着が遅延したらしいのだけど、何かホームで急にアナウンスが流れて、ホームで待っていた人たちが急に皆が移動し始めたの!!!!!
なになに!?!!!となって、とりあえず皆についていったら、どうやら私の便のことではなかった模様。
予定どおりのホームに戻ると、私が乗る電車がきたー!!!!

この旅で、ICEたくさん乗ったなあ。

ところが、私が予約した車両が…ない
何故…😭
なんでなんでなんで〜〜ってかなり焦る私。
そしたら、時間差で後から追加の電車が来た〜〜!!
日本と違って、同じ便でも列車が前半と後半で、電車が完全に分かれていました
分かれているから、「とりあえず乗って後で移動」が通用しない…
自分の車両を見つけて、なんとか乗れた〜〜!!!

ケルン大聖堂へ

ICEでケルンメッセ駅まで約1時間でした。
ケルン中央駅が近いんだけど、デカすぎるから1駅前で降りるといいというネット情報から、メッセ駅で降りました。

橋を渡ってケルン大聖堂に向かいます⛪️
でかいー!!!!
ひとりで笑ってました。
なんか、電動のキックボードみたいなのに乗ってる人が多い🛴!
めっちゃいいなー!!!
日本じゃ公道走れないもんなあ〜

ケルン大聖堂は、本当に大きかった
ついたー!!おっきいな〜と思ったら、どうやら正面ではないらしい。
建物の周りをすすむ。
ついたー!!おお〜おっきいー!!と思ったら、これも正面ではない???
きたー!!!本物の正面!!!

おさまっていない笑

でかすぎて笑ったわ。笑

今回の修行で、はじめての自分が映った写真。

ひとり旅で、写真に写るのはなかなか難しいよね。
この時は、観光客カップルに、写真を撮ってもらえませんか?と言われて、撮ってあげたので、ついでに私も撮ってもらいました!
観光地は、観光客が多いので、割と写真をお願いしやすい気がしました。

中も入ったけど、大きい!

説明は、ドイツ語表記のため読めなかったので、そこだけが残念…
せっかく見ても、それが何なのかが学習できない…
結構この差は大きい気がする。
観ることしかできないので、割りとすぐに見終わってしまいました。

ルートヴィヒ美術館

ケルン大聖堂のすぐ近くにある、ルートヴィヒ美術館にも行きました。
外国の美術館は、撮影OKなのが良いよね〜〜
学芸員さんも、積極的に説明してくれてる感じがありました。
私は言葉が分からないので、その恩恵は受けられませんでしたが…😭
インスタレーションやポップアート、ピカソもあったよ。
めちゃくちゃ広くて、最後は時間が足りませんでした…
やっぱり、美術館は1日仕事だな〜。
ウィーンでは、無理ないスケジュールで1日1美術館で行こうーっと!

ピカソのthe kiss.
クリムトのthe kissを観に行く予定なので、比較できるかなと撮ってみた!

ピカソさんの作品群の中から、印象的だったのがこいつ。
こっち見てる…笑

美術館を出たところで、警備のスタッフ?に話しかけられました
全部見終わったの?的なことを。
英語か?ドイツ語か?と言われて、「イングリッシュ!リトル!」と答えました。
この後どこ行くんだ?何日いるんだ?どこから来たんだ?などと聞かれて、数少ない覚えていったドイツ語、「イッヒコメアウスヤーパン!(私は日本から来ました)」をドヤ顔で伝えました。
何しに来たんだ?1人で来たのか?アーティストか?社会人なのか?仕事何してるんだ?など聞かれて、カタコト英語で答えました…
仕事何してるんだ?については、答えるのが難しいので「ナース!(嘘ではない)」と答えたところ、ナースか?俺は健康そうに見えるか!?と聞かれました。
「…ヤー(Yes)」と答えると、笑ってました。
名前を聞かれて、スタッフさんの名前も教えてくれて、バイバイしました。
イッヒコメアウスヤーパンが言えて、満足しました。

ICEでフランクフルトに戻る

ケルン中央駅は、フランクフルト中央駅よりもお店がたくさんある!
フランクフルト中央駅をまだ理解してないだけかな?
ICEの切符の買い方も、2回目ということもあり慣れてきた🙌

フランクフルト中央駅で夜行列車を待つ

フランクフルトには、20:00頃つきました。
夜行列車は0:00頃発。
夜だし、疲れたし、この間で何かする気持ちにもなれないので、フードコートでごはんを食べて、時間まで待つことにしました。

今回の旅行で、唯一美味しくなかった笑、バーガーキングのチキンバーガー。
駄菓子のビッグカツみたいに固かった…

ドイツは21:00でもまだ明るく、21:30頃にやっと暗くなる感じ。
正直、21:00にはめちゃくちゃ眠たくなっていました…
何故夜行列車にしたのか、若干後悔した気持ちもありましたが、「夜行列車に乗る」は結構メインの目的だったため、仕方があるまい。

夜行列車ナイトジェット に乗る!

とりあえず、夜行列車出発駅のフランクフルト南駅に到着
ところが、電光掲示板には、なんと66分の遅延と書かれている😳!!!!
えー!!眠いよー!!!

とりあえず、何番ホームかを確認して、ホームで待ってみる…
待ってる人が他にもちらほら。

フランクフルト南駅のホームはこんな感じ。
駅のホームで待つのは、危なくないかすごく心配してたけど、全然そんなことなかった!

ホームで半分寝ながら待っていたら、ナイトジェットがようやく到着!!
ひとまず乗車しました🙌
このときも、車両が分からずわたわたしていたのですが、とりあえず乗ってから車掌さん?にあっちだ!と案内してもらいました。

夜行列車ナイトジェットの感想は、一言でいうと最高!!!!でした。
ワクワク感がすごい
もう一度乗りたい!と思います。
ナイトジェットについては、また別の記事で書けたらいいな~と思います。

たくさんの大移動をした2日目は、無事にナイトジェットに載って終了です👏
3日目は、ウィーンに到着です!🚃

おすすめ記事一覧

-はじめてのひとり旅

Copyright© リヨニカ学習帳 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.