体験したこと

仕事やめたいなあと思ったので、生きがいについて考えてみた

投稿日:2019年5月13日 更新日:

仕事を辞めたいりつよ(@riyonica)です!

仕事をしている中で、「私はなぜこの仕事をしているのか」「そもそも向いていないんじゃないか」「(単純に)あの人やだ」など、色々と負の感情を抱くことが多くなっちゃいました。

もちろん、働き始めたときから、「ここ嫌だな~」という負の要素はあったのですが、「でも、この人からこんなことが学べる」「こんな経験がつめる」という正の要素もあったんですよね。

最近は、だんだんと正の要素が減ってきて、天秤的に負に傾き始めているなあ~と感じていたり。

仕事以外に頑張りたいことも増えてきて、だんだんと「仕事邪魔なのでは…?」というけしからん志向もぽわぽわ~と浮かぶことがあります。

じゃあ、辞めてどうするの?という気もするし、今の仕事向いていない気もするし、そもそも私はどこに向かっているのか??っていう人生において迷える子羊になっている気がするので、生きがいについて考えて、仕事というものに向き合ってみたいと思います。

今の仕事はこんな感じ。

みんなが知っている「看護師」の上位資格である「保健師」という仕事をしています。

語弊を恐れず簡単に説明すると、看護師は、病院で病気の人を「治療」することに関わっているのに対して、保健師は病気にならないように「予防」することに関わっています。

この保健師が、具体的にどんなお仕事をするかは、法律で決まっていないので、所属する場所によって仕事内容は様々です。

私の場合は、働く人の健康を予防する感じで、健診結果を元に生活指導したり、ストレスチェック結果から会社をどう変えたらいいか考えたり、健康教育のセミナーしたり、そんな感じのお仕事をしています。

…というのは、あくまで名目であって、それ以外の、人と人との調整とか、社内での体制を整えられるように色々するとか、ロジ周りの仕事に圧迫されているのが現状です。

生きがいとは?4つの要素が絡み合ったもの。

生きがい」って、みんな知ってる言葉だし、感覚的に「知らない言葉」ではないですよね。

そうなんだけど、この前上司に教えてもらったベン図に、すごく納得したので、見てほしいです。

Ikigai-EN

日本の生きがいという概念は、アメリカでもikigaiとして知られていて、このベン図で説明されているらしい。
日本語にしてみると、こんな感じ。

このベン図を見たとき、納得感がすごかったです。
「たしかに🦀」としか言えなかった…
果たして、今の自分の仕事で満たされているものって何だろう?と考えてみました。

こうなった。

好き what you LOVE

まずは、好きっていう仕事ではないです。
でもこれは、はじめから分かっていたことで、大学の進路を選択した段階で、私は好きを排除していました。
19歳の私は、好きなことよりも、稼げることを重要視して、看護職の道を選んでいます。
きっかけは、友だちのママが看護師だったのですが、母子家庭で子供3人を養っていて、さらに家まで建てた!と聞いた時に、看護師って自立していてすごい👏と思ったこと。
どこも人手が足りてないしね~。

得意 what you are GOOD AT

次に、得意ではないです。
これは、一番満たされていないものかもしれない😔。
そもそも、私は何かを覚えたり、知識を持つことが苦手です。
看護師の国家試験も、合格率80%の試験なのですが、それでさえ落ちるのでは…とびくびくしていました。
言葉や、知識を、そのとき理解することはできても、それを脳みそに留めておくことが人よりできないんです。
大学時代も、追試の嵐でした😇

今の仕事では、企業の担当者にレクチャーしたり、セミナーや面談で指導したりするお仕事なので、この苦手分野が結構ネックになります。
まじで向いてない…と落ち込むことが多い日々です。

社会的な需要 what the World NEEDS

そして、社会的な需要。
大学の進路選択のときは、いわゆる「食いっぱぐれない」という理由で看護職を選んでいるので、需要は考えていたんだと思います。
ただ、実際に今私がしている仕事は、どうなんだろう?と考えたときに、そんなに需要がないような気もしています。
セミナーとか、健診結果の指導とか、需要はあるのかもしれないけど、私はそれを満たせるような仕事をしていない、できていないという感じでしょうか。

ロジ周りの仕事が多いというのもそうですし、自分の実力不足で満たせていないというのもあり。

そもそも、大学選び以降、社会的な需要というのを重要視したことがありませんでした。
社会的に役に立つかどうか、そういうことを考えることは少なく、どちらかというと、私個人のスキルアップや成長のために仕事をしている、という感覚。

今の会社も、たくさんセミナーがしたい!セミナーの経験積みたい!健診結果の判定たくさんしたい!と思って入社しましたが、尊敬する上司や先生は、社会に貢献できることか?を軸にしていることに気づき始めました。

正直、私にはまだそこまでの気持ちは芽生えていないのですが、かっこいいな~、そのレベルまでなりたいな~、何かできることあるかな~と考え始めています。

稼げる what you can be PAID FOR

稼ぎについては、一応、一人で稼いで、保険料払って、親に仕送りして、好きな習いごとができるくらい(ただし、貯金はゼロ)には、稼いでいます。
足りないな~という感覚は、大有りなのですが、生活できているということで、満たされていると思います。

一生懸命働いていても、満足に稼げない・生活が苦しいという状況であれば、生きがいが少なくなるのは、想像しやすいですよね。

稼ぐための仕事、からランクアップしたい

今後、何十年も働いて生きることを考えたら、職業選択もしっかりと向き合っていきたいなって思います。
ただの、稼ぐための仕事から、ランクアップするためには、どうしたらいいのでしょうか。

今の仕事を辞めないルートの場合、

  • 得意なことになるように、もっと勉強・経験を増や
  • 社会的な需要がある仕事ができるように、自分から会社にこれをやりたい、と訴える

とかができるのかな、と思います。

今も、よく学会に参加していますが、知った内容や学んだことを覚えるとなると、おそらく受験生のように単語帳をつくって見直したり…通勤時に録音した内容を聞いたり…やれることは色々あると思います。
経験については、上司に今の仕事を減らしてもっと現場の仕事がしたいです、とお願いしてみることでしょうか。

今の仕事にこだわらないルートの場合、

  • 好きな仕事にキャリアチェンジしてみる
  • 社会的な需要のある仕事ができるところへ転職

あたりかな、と。

今は、仕事時間外にデータサイエンスの勉強をしていて、それは「楽しい」という感覚があります。
時間を忘れて、没頭できる感じ。
そういう仕事ができたら、もっと頑張れて、得意に近づけるだろうな~とは思えますが、どうでしょう?

みなさんは、生きがいがありますか?

あくまで、生きがいなので、仕事に限った話ではないのでしょうが、生活のほとんどが仕事に時間を使っているので、私は仕事で考えてみました。

このベン図、納得感ありませんか!?

私だけでしょうか…
もやもやしているときに、どの方向に向かったらいいのか?を考えるための道しるべには使えそうです。

あの…一人で考えていても悶々としちゃうので、みなさんどうか私とお食事がてら、相談に乗ってください~~😭😭

LINEアカウントできました!

記事が更新されたら、LINEで通知が受けられる便利機能だよ❣ぜひ友だち登録してね。
誰が登録したかは分からないので、シャイなあなたも大丈夫だよ!

LINE友だち登録する

おすすめ記事一覧

-体験したこと

Copyright© リヨニカ学習帳 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.